FC2ブログ

スズメのチュン

2006.09.03 17:11|図書館司書
昼間は暑いけれど、夕方になると

秋の気配を身近に感じられる季節になりました。

・・・ということで


秋といえば

読書の秋 ですね~

そこで、

昨夜ちょっと夜更かしして、読んだ本を紹介します。


その本の著者は 竹田津 実(たけたづ みのる) さん。

映画化された「子ぎつねヘレンがのこしたもの」 も

竹田津さんの作品です。


大分県生まれで、岐阜大学の獣医学科を卒業した著者は、

野生動物にあこがれ、北海道の家畜診療所に赴任します。

そこで、キタキツネの生態調査を始めると共に、

傷ついた野生動物の保護・治療・リハビリに取り組みます。


私が読んだ「家族になったスズメのチュン」

そんな著者の元に持ち込まれた

「瀕死のスズメのヒナ」 チュン 

のお話です。


動物病院に持ち込まれたときには、瀕死の状態だったチュン。
一時は死も覚悟しましたが・・・


竹田津さんご夫妻の献身的な看護で元気になり
野生に戻す日が来ました。
日本では、野生動物は飼ってはイケナイのです。
さて、チュンは野生に戻れるか・・・
この辺からのチュンの行動が爆笑ものですよっ!


野生動物は「無主物」(だれのものでもないという意味)

だから、飼うと「法律違反」。

獣医さんへの治療代は、だれも払ってくれない。

動物病院へ入院させるのも、違法行為ギリギリ

だそうです。


でも、傷ついた野生動物をそのまま放っておける

人間はいないよねぇ~

う~ん?・・・考えさせられました。


それから、スズメが人間にこれほど慣れるとは

思っていなかった。

チュンは自分を人間だと思っているみたいですけどね~

動物好きの私には、楽しく、微笑ましく、

考えさせられる本でした。


この本は小学生から大人まで読めます。

実際、小学校の教科書でも紹介されています。


suzu1.jpg



suzu2.jpg



本の紹介は、こちらにもあります。
関連記事
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

| 2019.10 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ケメコ

Author:ケメコ
♪ 植物と動物が大好き!
♪ 愛し可愛いセキセイインコとオカヤドカリのお世話で癒されています。
♪ F.Fは仙台在住時にダンナに教えてもらいました。
♪ 集中すると周りが見えなくる&おっちょこちょい。
♪ 方向音痴。高所恐怖症。虫は苦手。

このブログは2006年1月1日からやっています♪

最近の記事

Photo Album

カテゴリ

検索

コメントをありがとう

Flower&Fishing

インコFriends☆

お家に来て何年かな?

pico5.gif

Infomation

(o^―^o)♪

管理人のサイト

ユーザータグ

ヘレボルス クリスマスローズ 原種 実生 果樹 セキセイインコ クレマチス チベタヌス フランネルフラワー オキザリス リビダス イチゴ サザナミインコ ブルーベリー オカヤドカリ 原種シクラメン ヤモリ ラベンダー パイナップル アボカド チューリップ ボリジ ステルニー ブラックベリー お散歩 サクランボ チョコたん イチゴノキ アトロルベンス トルカータス デュメ 産卵 クロアチカス ネモフィラ 地震 病気 シレネ ニゲル 造り酒屋 ダブル ボッコネイ フライフィッシング 皆既月食 オドルス KROME プルプラスケンス 山野草 ガジュマル コウム オキシデンタリス ムルティフィダス アブルジクス ゴールド ネオン ブラックデス モザイク病 あわちどり フェチダス アトロルーベンス ヴィリディス 

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QR

RSSリンク

トラックバック

アクセスカウンター

PoweredBy

ページトップへ