ハトの大量死に思う

2006.04.22 12:37|インコ大好き
都内の公園で、ハトが大量死 した。

原因は、農薬の可能性が高いらしい・・・

大型の害虫や作物を荒らす小型鳥獣の駆除に使う農薬が

ハトの死骸から検出されたとのこと。

作為的にハトを狙ったものか、農薬が付着した畑の作物を

食べたことによるものなのかは、まだ分かっていないようだ。


先日、テレビ番組で、問題の公園に落ちていた

「緑色の物体が付着したトウモロコシ」を紹介していた。

ハトに餌をあげようとする時、普通は 身近にあるパンくずを

蒔くのに、ハトの大好物の 乾燥トウモロコシ を与えるのは

他の鳥や動物でなく「ハトだけを狙ったもの」と考えられる

と専門家がコメントしていた。

そして、同じ番組で、ハトが けいれん して、口から泡を吹き

バタバタと、もがき苦しみながら死んでいく様 もやっていたが

これは「毒物による中毒症状に似ている」そうだ。


ある所では、カワウの増え過ぎによる問題も起きている。

カワウが川魚を大量に食べてしまった為に、川に魚がいなくなった

地域があるとの事。人間はカワウの巣にある卵を偽卵にすり替えたり

巣に洗剤を散布して、個体数の維持に懸命・・・


ハトもカラスもカワウも、エサを食べるし、フンもする。

個体数が増えれば、エサもフンも大量に摂取され排出されるから

迷惑を被っている人も多いと思う。


ニュースで言っていたが、都会では緑がますます少なくなったそうだ。

緑の減少 ・ 殺虫剤、除草剤の多用による

虫や小動物の減少

山では 実のなる木は伐採 され、また、山奥にまで人が住む

食べる物や住処を奪われた動物達は、人のテリトリーに

生きるため、エサを取るために、危険を覚悟で出て行き

そして、殺される・・・

彼らから、全てを奪ったのは人間。

自然との共存、共生 と言われ続けて久しいけれど

スローガンだけ立派でも、現実はこんなですよ!

あなた方の言ってる「自然と共に生きる」って何ですか?

一刻も早く、基本に立ち返らないと

人間も生きられなくなりますよ。

人間だって、自然の一部でしかないんだから・・・
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ケメコ

Author:ケメコ
♪ 植物と動物が大好き!
♪ 愛し可愛いセキセイインコとオカヤドカリのお世話で癒されています。
♪ F.Fは仙台在住時にダンナに教えてもらいました。
♪ 集中すると周りが見えなくる&おっちょこちょい。
♪ 方向音痴。高所恐怖症。虫は苦手。

このブログは2006年1月1日からやっています♪

最近の記事

Photo Album

カテゴリ

検索

コメントをありがとう

Flower&Fishing

インコFriends☆

お家に来て何年かな?

pico5.gif

Infomation

(o^―^o)♪

管理人のサイト

ユーザータグ

ヘレボルス クリスマスローズ 原種 実生 果樹 クレマチス セキセイインコ チベタヌス フランネルフラワー オキザリス リビダス イチゴ サザナミインコ オカヤドカリ 原種シクラメン ラベンダー パイナップル ブルーベリー ヤモリ アボカド ステルニー チューリップ ボリジ ブラックベリー お散歩 イチゴノキ チョコたん サクランボ トルカータス アトロルベンス クロアチカス ネモフィラ 地震 デュメ 産卵 シレネ 病気 ダブル ニゲル 造り酒屋 ボッコネイ フライフィッシング 皆既月食 オドルス KROME あわちどり コウム 山野草 オキシデンタリス アブルジクス フェチダス ムルティフィダス ガジュマル ネオン ブラックデス モザイク病 ゴールド プルプラスケンス アトロルーベンス ヴィリディス 

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QR

RSSリンク

トラックバック

アクセスカウンター

PoweredBy

ページトップへ