FC2ブログ

チューリップの花期終了

2008.04.29 09:00|お庭の花たち
お花のボディラインが女性的。そしてとてもよい香りのチューリップ

バレリーナ・・・たくさん楽しませてくれました。

他の品種があっという間に花期を終えてしまう中、頑張って咲いていましたが

こちらももう終了ですね・・・ありがとう。
080428chu03.jpg



今年のライラックワンダー(夏越し球根)は、姿が暴れてしまっています。

やはり、昨夏の猛暑、日陰ナシのベランダで球根を保管したのが拙かった。。。
080428chu02.jpg

 ↑ 花弁が揃っていないし、チューリップの形になってない!

それに・・・本来は背丈が低いタイプのはずなのに昨年の倍はありそう?・・・

葉っぱの付け根から花弁が出てるし・・・


下の写真は昨年のものです。
2007410chu.jpg

ん~。。。別品種みたいですね~

この冬には新しい球根を購入して植えなくちゃ~ オヨヨヨ~



お友達から頂いた エレガントレディー。

お花が開くまで、随分と待ちました~

それでやっと綺麗に咲いたのが3日前。
080428chu01.jpg

すぐに撮影すれば良かったわ~

この所の暖かさであっという間に咲き進んでしまいましたよ~


昨年の失敗を無駄にしないように、今夏は球根をしっかりと保管します。

花期が終了した花壇やプランターに肥料を撒きました。

このまま地上部が枯れるまで、過湿にならない程度に水やりして

・・・・でっかくて、丈夫な球根に育ってもらいやす!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:草花
ジャンル:趣味・実用

タグ:チューリップ

Comment

咲いたんだぁ♪

エレガントレディ開花おめでとうv-339
でももう終わりそうだね~^^;
このGWはずっと夏のような暑さというから
やっぱりチューリップにはちょっときついものが・・

それにしても驚きなのは、球根の状態によっては
そんなに咲き方が違うんだね!
色々と経験するとまた翌年からいい花咲かすことができるかもね~。

春咲きの球根たち、ほんとにお疲れ様でした。

咲いたよ~♪

咲いたー咲いたー☆ちゅーりっぷの花が~♪
待ったよ~
開いたとき・・嬉しかったよ~
せっかく咲いてくれたのに、この頃暑いし日差しは夏みたいだし・・・
あっというまにお花が開き切っちゃいました。

今年は夏の球根管理、頑張るよ。v-91
一度変質しちゃった球根は元の元気な状態には戻らないのかしら?
何故変なお花が咲いたのか?
色々と考えてみました。
ちょうど芽吹いた頃に
爆弾低気圧の影響で真冬みたいに寒い日が続いて
寒風が吹き荒れた事があったの。
もしかしたら球根だけの問題じゃなく気候の影響もあったかも・・・
な~んて。。。????
非公開コメント

| 2019.10 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ケメコ

Author:ケメコ
♪ 植物と動物が大好き!
♪ 愛し可愛いセキセイインコとオカヤドカリのお世話で癒されています。
♪ F.Fは仙台在住時にダンナに教えてもらいました。
♪ 集中すると周りが見えなくる&おっちょこちょい。
♪ 方向音痴。高所恐怖症。虫は苦手。

このブログは2006年1月1日からやっています♪

最近の記事

Photo Album

カテゴリ

検索

コメントをありがとう

Flower&Fishing

インコFriends☆

お家に来て何年かな?

pico5.gif

Infomation

(o^―^o)♪

管理人のサイト

ユーザータグ

ヘレボルス クリスマスローズ 原種 実生 果樹 セキセイインコ クレマチス チベタヌス フランネルフラワー オキザリス リビダス イチゴ サザナミインコ ブルーベリー オカヤドカリ 原種シクラメン ヤモリ ラベンダー パイナップル アボカド チューリップ ボリジ ステルニー ブラックベリー お散歩 サクランボ チョコたん イチゴノキ アトロルベンス トルカータス デュメ 産卵 クロアチカス ネモフィラ 地震 病気 シレネ ニゲル 造り酒屋 ダブル ボッコネイ フライフィッシング 皆既月食 オドルス KROME プルプラスケンス 山野草 ガジュマル コウム オキシデンタリス ムルティフィダス アブルジクス ゴールド ネオン ブラックデス モザイク病 あわちどり フェチダス アトロルーベンス ヴィリディス 

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QR

RSSリンク

トラックバック

アクセスカウンター

PoweredBy

ページトップへ