FC2ブログ

釣り雑誌の危機?

2006.01.31 10:00|フライフィッシング
今までに数回、釣り雑誌に取材されそうになった事がある。
取材の申し込みは全てお断りして来たので、今も雑誌デビューしていない。

取材対象となる人は まず「有名人」「知り合い」
「地元情報」「うわさの人(釣りが上手いらしいとか美人とか・・・etc.)」

そして、何より
大物が上がっている川や湖の近くに住んでいること。

そう・・・取材名義で自分たちも あわよくば・・・である。

全ての取材が そう とは言えないけど
心当たりはあるでしょう?

釣りをやっている女性は男性に比べて少ない。
フライフィッシングとなると、人口は更に減る。

「女性の集まる所には男性も集まる」集客理論(そんな理論あるのかな?)
に基づき、購読者大幅増 を狙っているのか?
女性フライマンは 「客寄せパンダ?」
まぁ、パンダになりたい人はイッパイいるけど。

タイイングあれこれ ・ ココの川釣れます情報
この時期、湖での当たりフライはコレっ!
ポイントの選び方、攻め方ノウハウ
水生昆虫図鑑 ・ 海外での釣りの思い出 ・ おすすめの道具・・・

もうそろそろネタ切れじゃないですか?
それに、今は素人がHPやらブログやらで
何だかんだやってるし・・・

私も最近、釣り雑誌を買わなくなった。
知り合いの特集記事が載っていると買うけどね。

ん~~っ・・・?
これって釣り雑誌だけの話じゃないね・・・
趣味系の雑誌はネットに遣られるかも・・・ね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:フライフィッシング
ジャンル:趣味・実用

ことばって

2006.01.29 22:30|図書館司書
競走馬の ホリエモン はどうなっちゃうのかな?
飼い主を選べない動物に、人間の都合を押し付けるのは
やめて欲しい・・・馬にとって、最良の道を与えてあげて。

人間のホリエモン は、未だ否認を続けているそうな。
あの人が、口を利かずにいられるはずないから
余計なことしゃべって、そのうちにボロが出ると思うよ。



ことば って大切だね。
口から外に出た瞬間に、命を授かり、個性を持つ。
ある時は人を傷つけ、時に慰め、笑いを呼んで、涙を誘う。

乱暴な言葉は、あちらこちらにぶつかって、再び言葉を発した人の元に戻ってくる。
やさしい思いやりの言葉は、人の胸に染みこんで、人から人に行き渡り
そして発した人の側に寄りそう。

弱くて小さな自分を、強くて大きいものに見せるために発した言葉。
言葉に言葉を重ねるうちに、本人よりずっと巨大な怪物に成長する。
人々はその怪物と、言葉を生み出した人を重ね見て、虚像を作り出す。

本当は弱い人間が、そんな怪物をコントロール出来るはずもなく、いつの間にか生み出したものに潰される。

自分らしく生きるのが一番良い。
強がることも、知ったかぶりも必要ない。
大きくなりたいのなら、努力して成長すればいい。
強くなりたいのなら鍛えればいい。

今の自分、ありのまま、
そのままで勝負していく生き様が潔いと思う。

言ってしまった嘘や見栄は、実現すればいい。
本当の強さは、自分を認めることじゃないかな?

言葉は人の内面から生まれ出るもの。
あなたの人格を表現する代弁者。
一度出してしまったら、戻すことは出来ないよ。

言葉を大切に。



ホリエモン、あなたも虚像を作り、それに潰されたのですか?
関連記事

テーマ:ひとりごと
ジャンル:ライフ

うれしいこと

2006.01.24 17:55|図書館司書
やんちゃ坊主って
優しい子が多いなぁ~

この前、すご~く寒い日に図書室のストーブの灯油が無くなっちゃって・・・
でも灯油を取りに行くのが面倒だから、寒いのを我慢していたら
いつも私が「やんちゃ軍団」って呼んでる「いたずらっ子達」が
「俺らが持ってきてやるよっ」と手伝いを申し出てくれたの!うれしかった。

その子達は、図書室でかくれんぼしたり、紙を丸めてサッカーしたり
勝手にパソコンをいじったり、怒られてばかりいるんだけど
何故か図書室がスキで、いつもニコニコしながら入ってくるんです。

「えっ手伝ってくれるの?うれしいなぁ~!それじゃ、君たちが今まで私に迷惑を掛けた色んな事は、この際、水に流そうっ!」
と言ったら、次々と手が上がり
「オレも手伝う」「先生、ホントに水に流してくれるんですか?」おいおい、そんなにイタズラしてたのかよ~

力の強い子は、灯油運び。
読解力のある子は、新しい給油ポンプの使い方を、取り説を読み上げてみんなに教え、
機械に強い子は「ここが汚れてると故障するんだ」などと言いながら掃除をしてくれて・・・
私の手に灯油が付いたら「先生の手、荒れるから洗ってきた方がイイよ」なんて優しい言葉を掛けてくれるし・・・

自然に役割分担して楽しそうにお手伝いしてくれました。
うれしくて涙が出てしまいましたよ。

7人の頼りがいある5年生に助けてもらって、満タンになったストーブは
みんなの身体と私の心を温めてくれました。
関連記事

テーマ:小さな幸せ
ジャンル:ライフ

果実酒飲み頃です!

2006.01.22 20:36|フライフィッシング
昨年の8月末から9月に掛けて、山を走り回って探し当て
リカーに漬け込んだサルナシとマタタビが
飲み頃を迎えました~っ!

琥珀色に輝き、見た目好し・味好し・香り好し
その上美容と健康にも Good!

我が家の庭には、挿し木で根付いた苗が、元気に育っています。
実の収穫はまだまだず~っと先ですね~

サルナシ酒
サルナシ酒


マタタビ酒(疲れに効能あり。又旅に出られる)
マタタビ酒


関連記事

テーマ:お気に入り♪
ジャンル:ライフ

解禁日

2006.01.21 19:29|フライフィッシング
昨夜からやむことなく雪が降り続いています。
今も、やむ気配はありません。
今シーズン、初めての雪です。

こんな雪景色を見ると、解禁日の思い出がよみがえって来ます。

解禁日3月1日・・・
一面の銀世界。
時々上流から雪を伴って吹き荒ぶ寒風。
風が弱まるのをじっと待つ・・・
お日様が顔を覗かせると 日溜まりでヤマメのライズ。

ライズリングの後に25番のミッジフライをそっと浮かべる。
明らかに興味を示しているけど、喰わない・・・
吹雪・・・待つ。
晴れる・・・キャスト。

止水にキラキラ光るオリジナルイマージャーを沈めてみる。
直後、どこからかヤマメが集まってきて、フライを取り合う??
ツンツンと誘ってみる・・・みんなで追ってくる。
ドキドキ
困った・・・フライを引っ張りすぎて浮いて来ちゃったよぉ~(泣)
このままでは、ヤマメちゃん達と目が合ってしまうよ~

案の定・・・蜘蛛の子を散らすように、ヤマメはいなくなった・・・

雪の中の解禁日。
釣れても、釣れなくても楽しいものです。

解禁日は、前日からそわそわです。
それは、渓流好きならみんな同じでしょ?

雪の渓流

関連記事

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

お~いっ!

2006.01.18 22:40|ひとりごと
最近、一年があっという間に過ぎると思ったら
ポール・ジャネーの法則 てなものによると
60歳の人にとっての1年は、10歳の子どもの1年の
6倍のスピードで過ぎるらしい・・・(TV受け売り)

う~ん?分かるような分かんないような・・・

何はともあれ、気が付けば1月も半ばを過ぎ
私は正月気分が抜けないまま、2月を迎えそうです。
このまま節分に行ってしまおうかぁ~っ!


ライブドア問題の影響で株価暴落!
ライブドア・ショックって云うんだって。
まだ、不正が確定したわけでも無いのにね~

日本人って、バタバタし過ぎ。
それに前回の衆議院選挙は、勢いに乗せられ過ぎ。

誰かが「左」って言うと、み~んな左へダダダダ!
違う人が「右だっ」って言えば、右へどどどど~っ!

見た目や口の巧さにまんまと乗せられて
真実を見抜こうとする気持ちや
未来を予測する力が無くなってしまったねぇ~日本人よ。

周りに踊らされているアナタは何を考え
何をしたいの?何を信じてるの?


いい歳した大人の今流行の若者言葉。今年の春はコレが流行りますよ
今年の水着は絶対コレ。チョイ悪親父!???

何だぁ~そりゃぁ~~!!!

{流行}は、民衆の歩いた後に出来るもので
歩く先にあるはず無いでしょ!

みんなで誰かに踊らされながら
どこに向かっているのかな?

怖い です。
関連記事

杉山と動物達

2006.01.17 11:07|ひとりごと
「ピコっ子ルーム」(インコブログ)に書いた記事と同じものをペッタンします。
杉花粉の季節がいよいよ間近に迫ってきています。


山に居るべき野生動物が人里に降りて来て悪さをする。

たとえば、畑を荒らして農作物に被害が出る。
熊が別荘地に出没しゴミ箱を荒らす。
猿が観光地や住宅地を我が物顔で歩き回る。

昨今はニュースで見ても驚かなくなった。

襲われてケガを負ったり死亡する人もいる。
一方でお腹を空かして可哀想と餌を与える人もいる。

広大な畑をぐるりネットで囲い、電流を流したり
大きな音や、キラキラ光るもの、罠を仕掛ける等
あらゆる防御手段を駆使しても、まんまとその隙をついて
人間に脅威をを与える動物達。

旦那様が動物学者だった奥様がいる。

旦那様はツキノワグマの生態観察の為に山に隠っていた時
熊にテントを襲われ亡くなってしまった。
たまたま疲れて熟睡中のところを襲われたらしい。

その奥様は、旦那様が亡くなった後も
ツキノワグマと棲む森を守る為のイベントに参加し
自然保護の重要性を訴え続けている。

「熊は悪くない。ウチの人の慣れが悪かったの」と
おっしゃる。覚悟は夫婦共に出来ていたそうだ。

熊の住処である山に入ると云うことは
他人の家に土足で侵入し、好き勝手する事と同じ。
それなりのお返しは覚悟しておかなくてはならない。


人間は広葉樹を切り倒し、杉を植え続けている。
杉は 花粉症の元 にはなるが
動物達の餌となる木の実や
ふかふかの土を作ったり虫の餌となる葉っぱを作らない。

根っこは地中深くに伸びないので土砂崩れを防ぐ能力がない。

山を切り開き動物達の住処を浸食し餌を奪う人間。
為す術もなく餌を求め里に出ると命を狙われる動物達・・・


果たして、被害者は人間か?動物か?
みんなで考えてみましょう・・・

関連記事

テーマ:自然の中で
ジャンル:ライフ

脳味噌が・・・うぅぅ?

2006.01.16 13:02|ひとりごと
歳かなぁ?
脳味噌が腐ってきたのかなぁ?


最近、言葉(名詞)が出てこないことが増えて
ショ~ック!! 
人の名前、車の車種、フライパターン名
思い出せないと気持ちが悪いので
「あ」から順番に50音を言っていくと
どこかで んっ? と引っかかり
そこから名前を無理矢理引っ張り出す。

それでも出ない時はアルファベットである。
脳年齢が急激に上がっているのかなぁ~

むか~し、子どもの頃に一度だけ観た映画。

エリザベス・テイラーが子役で出ていて
仔馬とのふれあいをえがいたハートウォームストーリー
あれは何だったのか?
私の記憶の中では「緑の仔馬」って題名。

もう一度観たくて、探しても ナイっ!

その映画の題名が 通販の復刻版DVD紹介 で判明した 
緑園の天使

これで観たかった映画を探せるよん!
記憶って曖昧だなぁ~
ストーリーは覚えてるんだけどね~~
関連記事

テーマ:ひとりごと
ジャンル:ライフ

お天気最高!

2006.01.15 13:07|ひとりごと
お天気最高! 湿度もいい感じ。
渓流は禁漁・・・私は風邪ひき 

今、職場では風邪とインフルエンザが流行っていて
私の巣である図書室は、そういう子達のたまり場です。

子どもは、咳をする時に口をふさぐ等と上品なことは
しないので ウィルス入りの唾をもろに浴びる訳で・・・

オマケに寒いし、ほこりっぽい環境も手伝って
何度も風邪をひくのです。。。辛いね

ケバイチ はHPリニュに忙しく、今もタイイングアニメを
描いています。
こつをスゴク分かりやすく解説してるよぉ~
分かりやすい解説はとってもむずかしいんだよね~(汗)

ガンバってねっ!
関連記事

レアキティ?

2006.01.14 15:13|ひとりごと
capoさんからいただいたキティちゃん!
里子に・・・とのお心遣いをありがたくも承り、あれから何ヶ月?
やっとウチの子になりましたよ。

capoさん、ありがとねぇ~!!

キティ1

関連記事

テーマ:キティちゃん
ジャンル:趣味・実用

| 2006.01 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ケメコ

Author:ケメコ
♪ 植物と動物が大好き!
♪ 愛し可愛いセキセイインコとオカヤドカリのお世話で癒されています。
♪ F.Fは仙台在住時にダンナに教えてもらいました。
♪ 集中すると周りが見えなくる&おっちょこちょい。
♪ 方向音痴。高所恐怖症。虫は苦手。

このブログは2006年1月1日からやっています♪

最近の記事

Photo Album

カテゴリ

検索

コメントをありがとう

Flower&Fishing

インコFriends☆

お家に来て何年かな?

pico5.gif

Infomation

(o^―^o)♪

管理人のサイト

ユーザータグ

ヘレボルス クリスマスローズ 原種 実生 果樹 セキセイインコ クレマチス チベタヌス フランネルフラワー オキザリス リビダス イチゴ サザナミインコ ブルーベリー オカヤドカリ 原種シクラメン ヤモリ ラベンダー パイナップル アボカド チューリップ ボリジ ステルニー ブラックベリー お散歩 サクランボ チョコたん イチゴノキ アトロルベンス トルカータス デュメ 産卵 クロアチカス ネモフィラ 地震 病気 シレネ ニゲル 造り酒屋 ダブル ボッコネイ フライフィッシング 皆既月食 オドルス KROME プルプラスケンス 山野草 ガジュマル コウム オキシデンタリス ムルティフィダス アブルジクス ゴールド ネオン ブラックデス モザイク病 あわちどり フェチダス アトロルーベンス ヴィリディス 

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

QRコード

QR

RSSリンク

トラックバック

アクセスカウンター

PoweredBy

ページトップへ