2009年03月27日 (金) | Edit |
今年度を最後に、7年と半年間勤務した小学校図書館司書の仕事を辞して、

公立図書館司書になろうと、先日採用試験を受けたのですが

募集人員1名 に対し 応募者30名!

あらら~っ!!  競争率30倍  ガーン! 厳し過ぎです~


試験当日は小学校の卒業式でもありました。

今年は出席できないので、前日に6年生のクラスを回ってお別れしました。

挨拶する為に子どもたちの前に立つと、押さえていた感情が溢れてしまい涙が・・・

と言うよりも本泣きしてしまって嗚咽混じりの挨拶になってしまったけれど

みんな真剣に私の話を聞いてくれてました。

あいさつの後には励ましの言葉もくれました。

「先生頑張って!」 「試験に合格したら教えて」 「オレ達図書館に行くから」

帰り際に、自分の住所と電話番号を書いたメモを

エプロンのポケットにこっそりと入れてくれる子もいました。



090327hana01.jpg

090327hana02.jpg


先生方からはステキな花束やお手紙や色紙を頂きました。

そして、堪らなく名残惜しい気持ちで学校を後にしました・・・



・・・で、採用試験の結果ですが



落ちてしまいました・・・残念です。うぇ~~ん 

暫くの間、ゆっくり休んでエネルギーを充填しましょうか。
スポンサーサイト
2008年12月13日 (土) | Edit |
図書室で
三年生の男の子二人が頭をつき合わせて何かを真剣に話し合っています。

時より聞こえる・・・ 「いるよ」  「いないよ」
このキーワードと今の季節から連想すると

サンタクロースは本当にいるのか?


楽しそうな二人の会話をしばし聞いていましたが、こんな楽しい話題にのらない私ではございません。

「ねぇ、さっきから何を話し合ってるの?」

「・・・どうする?先生に言ってもいいかな?」
  ・・・ ぼそぼそ、ごにょごにょ・・・


そして、決心したように、ハッキリした口調で
「先生、サンタクロースはいるんですか」



   キタァーーーーーー!!!こういう質問、大~好きーー


「サンタクロースはいると信じればいるのよ。」

「お母さんは、オトナになるといなくなる って言ってた」

・・・まっすぐな視線で二人の男の子に見つめられて・・・
      あなたなら何て答えますか?    


ネットやテレビからの情報が氾濫して、子ども達の遊びも変わり
夢なんか無くなってしまったと思えるようなこんな時代・・・

でも、今も

子ども達の心の中にはサンタクロースがいるんだね。


楽しい会話の後、
毎年12月になるとすぐに 「クリスマスの本」 のコーナーを作っていたのに
今年はまだだったことを思い出して、大急ぎで本をセレクトしました。



blog061224.jpg


jake02.jpg

jake03.jpg


絵・文  葉 祥明
英訳   リッキー・ニノミヤ

「ジェイクのクリスマス」  ジェイクシリーズ ■ジェイクのメルヘン
~ジェイクと一緒にやさしい気持ちになれるシリーズ~   自由国民社


サンタさんからプレゼントをもらうお話は多いけれど、この絵本はちょっと違うの。
心が、優しくなる、おはなし・・・絵は 何たって葉祥明さんですから~最高です。

葉 祥明さんのオフィシャルブログ で、絵本の内容が読めますよん♪


     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

私が勤めている学校には帰国子女や外人さんがけっこう居てね。

学校に通い始めたばかりの頃は、
日本語だけの本は読めないの・・・このジェイクシリーズは
日本語(ひらがなとカタカナ)のお話と同じ頁に英語訳があって
日・英を同時に読めるからいいですよ。
2008年10月24日 (金) | Edit |
今週、久しぶりに出勤したら、学校が風邪菌の巣になっていました。

げほげほ。ずぅー。ハックション!マスクマンがいっぱいだぁ~!

高熱が出るらしいよ・・・どうやら、私が患っていた風邪のタイプとは違う?

休んでいる間の留守番を頼んでおいた頼れる子どもたちも

熱で休んでいたらしく・・・うむ。。


子どもは咳もクシャミも遠慮なく、思い切り、目の前でこちらを向いてするでしょ。

口を手で覆うなんて上品な事しないからね・・・

うつるよね~私、もう休めないのにさ。

・・・で、私もマスクマンに変身。



これからひと雨ごとに秋が深まり、冬へと向かいます。

みなさまもお体大切に。 予防には、うがい・手洗い・マスクマンですよ。
2008年09月06日 (土) | Edit |
この記事、間違えて鳥さんブログにアップしてしまったわ~

・・・でアチラと同じ内容です。


長~~い夏休みが終わり今週からお仕事でした。

風が無く、暑い毎日で疲れたよ。。。ふぅ~=3


今、子供たちはもうすぐ運動会。

毎日、校庭で練習してるよ。とても賑やかな校内です。


私が子供の頃って、学校行事の前は何だかワクワクで

読書する気分じゃなかったけど・・・

蒸し暑い図書室は休み時間のたびに

本を読んだり、嬉しそうに本を借りに来る子で満員御礼。

活字離れとか読書離れが問題になってるけれど

ウチの学校には・・・?

当てはまらないような気がするな。


日焼けした顔に汗をキラキラさせて図書室に飛び込んでくる

子供たち・・・「ねぇ~先生ぇ~!あのねーー・・・」

「3人一度にお話を始めないで、1人ずつね~」

今日は何人と会話したかしら?

ん~?間違いなく、家にいたのでは有りえない人数ですね。

疲れるけど、充実した毎日です。
2008年03月10日 (月) | Edit |



今日は、今年度卒業生主催で謝恩会がありました。

体育館に先生・保護者を招待して、歌や合奏や感謝の言葉などを

今まで見たこと無いほどの真剣な表情で発表してくれました。

卒業したくない・・・小学生は留年できないの?・・・

みんな楽しい小学校生活だったのね~♪そんな事を言う子がイッパイいて。。。

みんなが新一年生で入学した時からずっと成長を見てきた私には

とてもうれしい言葉だけれど・・・でも

中学校はもっともっと楽しいよ!みんななら大丈夫っ

真っ直ぐに夢に向かって伸びていけ~っ!


もうすぐ卒業式。


画像のお花は謝恩会の時に頂いたものです。

大切に育てますよ。
2007年07月23日 (月) | Edit |
図書室に住み着く、ダニや何やかんやの虫たちに

バルサンを おみまいしましたぜっ!!

ほ~ほっほっほ・・・

生まれて初めて見た、バルサンの白い煙・・・凄かった~

午前中にもくもくやって、午後から掃除をしましたが

時間、及び 体力の限界を感じ、

一冊一冊に掃除機をかける のは、またの機会に・・・と

なりました。。。情けな~いっ

先生達にはたくさんお手伝いして頂いて

感謝! です。


ところで、来年度は児童数が増えるので、

現行の教室数では足りなくなるらしく

もしかしたら、広~い図書室が半分の広さになるか

または、図書室がなくなる可能性もあるらしく・・・

・・・ま、色々考えると憂鬱の虫が出てきそうなので

明日からの夏休みを如何に過ごすか・・・

楽しいことだけ考えることにしま~すっ!

イヤなことは、また後で考えよぉ~っと。。。
2007年07月19日 (木) | Edit |
本日、大掃除完了しますたっ!

書架から蔵書を全て出すのは・・・辞めました。。。くっ(悔)

大掃除前に、試しに1000冊ほど移動してみたけれど

アッという間に移動先のテーブルが本でイッパイになり

その上、腰は痛いわ、めまいはするわ・・・

テーブルの数が絶対に足りなくなりそうだし、

床にじか置きは湿気を含みそうで、移動は断念!

私が小学生だった頃に購入したらしい 年代物の本だけ

テーブルに並べて、来週月曜日、徹底的にバルサンする事にしました。

明日は通知票をもらう日で、子どもたちはドキドキしているみたい~

ソワソワ、落ち着かない感じです。

職員室は、通知票の最終チェックで大忙し・・・

この感じ。。。何かに似てるな~???




・・・そうそう、

年末みたいな雰囲気なんですっ!

私の夏休みは火曜日からです。ほぉ~ホホホ
2007年07月18日 (水) | Edit |
今度の土曜日から 夏休み! 

勤務先の学校は、夏休み中に 学年ごとのプール練習日(希望者のみ)は あるけれど

学年登校日 とか 全校登校日 が ありません。

変なの? 私らの時代では考えられないことだわ~

休み期間中に 久しぶりに友達と会うのって楽しかったな~

朝、登校するのは面倒だけど、友達と会った途端

積もる話におしゃべりが止まらくなったものだけど

今は、休み中は、完璧に休むのね~  ん~む?


それで、休み前は仕事がめちゃめちゃ忙しくなりそうです。

書架から本を全部テーブルの上に移動して、棚を空っぽにして

バルサンでダニ・ノミ・害虫退治!

その後、棚の水拭き・カーペットを掃除機で掃除

その後、出した本を元の棚に戻す。。。一万冊超 ですよ。

ふぅ~~っ疲れそう。。。

それに、書架に本が並んでいるうちに、

夏休みに読む本の貸し出しやら

期限を過ぎても返却していない子には催促状を渡すとか

本の修理も急いでやらないと、人気本は冊数が足りなくなりそうだし・・・

なぞの失踪中の本も行方を捜さないとならないし・・・

ふぅ~考えてるだけで ぐったりよ~ん

は~・・・
2007年07月05日 (木) | Edit |
ラミネーターで仕上げて完成したばかりの「図書カード」 が

誰かに折られた・・・7枚中2枚が

折り紙の飛行機みたいに畳まれていた。。。

何故、新しくてきれいな物を壊せるのかな?

新しく作り直すのは簡単だけど、「壊す心」が悲しかった。

図書室に大型の扇風機が2台入った。

子ども達は、扇風機の前で

「あぁぁぁ~ あぁぁぁ~」と声を出して遊んでいる。

人集りのために、風が通らなくなってしまったので

少しばらけるように言ってみたけど聞いてくれない。

ふと見ると、扇風機のカバーの隙間から指を入れようとしている子がいて

・・・びっくり!

「危ないっ!!」思わず叫んだけれど

その子は、愕きの表情も、「しまった!」っていう顔もしないで

平然としている・・・この子は人間なんだろうか?

・・・何だか気持ち悪くなった。

ドラゴンボールのティッシュが「落とし物を入れる箱」に入っていた。

1年生の男子が

1年生「先生、このティッシュ、オレのなんだけど、
持っていって良いですか?」と言ってきた。

私「今度は名前を書いておくのよ。なくしても誰のかわからないからね。」
そう言って渡した・・・

すると、その場に違う男の子が来て

男の子「あっ、それ オレの」

1年生「おまえのか・・・はいよっ!」男の子に渡す。

私は唖然とした。

1年生は、私に対して、平気で、

しゃあしゃあと 嘘をついたのかな?

本当に自分のものだったら、こんな態度はとらないよね。


素直な感情、感受性、想像力、好奇心、正義感、反省や後悔の心etc.

一生のうちで、一番豊かで、細やかな のは、子どもの頃だと思うけど

今の時代は、どうなんだろう?

たくさんの子達と触れ合っていると、悲しくなることもあります。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2007年05月27日 (日) | Edit |
図書室に、新一年生が通ってくるようになりました。

今年の新一年生には

LD(学習障害)・ADHD(注意欠陥/多動性障害)・自閉症

それぞれに軽度ですが、様子を見守らなければならない子たちがいます。

その子たちは、みんな好き勝手・思うがままに 話したり・動き回ったり

・・・その上、こちらからの話しに耳を傾けてくれないから

なかなかしんどいですよ~

多動の子は、「時と場所をわきまえて」 何て事しないから

いつだって大声でしゃべるし、気付くと居なくなってたり・・・

だから、常にその子の姿を、視野の隅っこに入れておくようにしています。

その子たちの言うことをゆっくりと聞いて、一緒に考える時間を取る事は

クラス(40名ほど)を受け持つ担任には、無理かな~?と思うので

図書委員(5.6年生)さんに手伝ってもらいながら

丁寧に、心を込めて対応しています。


前にも書いた、折り紙に夢中な自閉症の子に

影絵動物園Hand shadows 海・空の動物
ムジカ /あすなろ書房 1995/11出版 63p 17cm ISBN:9784751518427 ¥1,019(税込)

影絵動物園Hand shadows 陸の動物
ムジカ /あすなろ書房 1995/08出版 63p 17cm ISBN:9784751518410 ¥1,019(税込)

を勧めてみたら、とても気に入ってくれて、私は質問責めにあっています。。。

嬉しいですよ。

新一年生に、全く声を出さない女の子がいます。

「話せない、声が出ない」のではなくて、話さないのですが

担任からは、気にせずに普通に対応するよう言われています。

「何を考えているか分からない」と担任は言うけれど・・・

私は、少しずつ声を出してもらえるように勤めていくつもりです。

その女の子、顔の表情は硬いけれど、とてもかわいい顔立ちをしているんですよ~

みんなの笑顔が、私のエネルギー源です~♪